ほうれい線を消して若さを得る【若返り戦法】

笑う女性

老化対策の施術

医者の手

様々な方法があります

年齢を感じさせるサインとして知られるのが、ほうれい線です。こういったほうれい線は、美容外科クリニックでも治療の対象となっています。現在行なわれているほうれい線の整形術には、複数の方法があるのが特徴です。一番手軽に出来る方法をとしては、ヒアルロン酸を部分的に注入する施術が挙げられます。この手の施術は皮膚をメスで切開する必要がなく、10分程度で出来るのが大きなメリットです。ヒアルロン酸を注入する方法は、すぐに効果を得たい方には特に向いています。特殊な機器を使用してほうれい線に働きかける整形術も、現在多くの美容外科クリニックで実施されている方法です。レーザーや高周波を用いることが多く、皮膚の総合的な若返りが期待出来ます。ハリがアップすることで、自然ほうれい線も薄くなるのが魅力です。この整形術は皮膚に傷をつけたくない方には適した方法ですが、施術後は赤みなどが現れることがあります。より効果の高いほうれい線の解消法としては、糸を使用して行なう整形術があります。ほうれい線などのたるみが気になる場所に、特殊な糸を通すことで組織の再生を促すのがこの整形術の目的です。この整形術では、かなりの確率でリフトアップが出来ます。また、治療効果が比較的長持ちするのも特筆すべき点です。最近の施術ではかなり細い糸を使用することが多く、痛みや腫れも抑えられます。糸はその後体内に吸収されることから、通常は定期的にメンテナンスが必要です。こういった方法以外にも、従来から試みられている切開して筋肉を持ちあげる整形術があります。

熟練した医師を選び

美容整形のクリニックは、現在非常に数を増やしています。全国展開をする大手美容外科も増えており、複数の医師が交代で施術を担当することも多いです。このような状況の中で整形術を受ける場合には、医師の技術や各美容外科の診療内容を予めチェックしておくことが大切となります。特に侵襲性の高い整形術に関しては、医師の技術が結果を左右する要素です。ですので、医師や病院選びは慎重に行ないます。整形術によっては術後に手直しが出来ない場合があるため、注意が必要です。小さな施術の場合でも、少なからずこういった医師や病院の技術が重要となります。ヒアルロン酸の注入量の調節や、ベストな糸の配し方などを心得ている熟練した医師の元で施術を受けるのが理想的です。このような手軽な方法は、短時間で終わる施術であるだけにポイントを押さえた治療が求められます。現在では各クリニックのホームページで、実際のほうれい線の整形術が紹介されており、医師の技術やアプローチ法について情報を得ることが可能です。整形術は、術後に一定の腫れやむくみなどが生じるのが常です。各方法によって症状がなくなるまでの期間には違いがあり、大切な予定のある方は事前にスケジュールを調整するのが賢明と言えます。簡単な施術の場合には、概してこういった回復までの期間は短いのが一般的です。当日からメイクや洗顔が出来ることも多く、他の整形術に比べると予後が非常に楽になります。医師の技術によっても回復までの期間は変わってくるのが常です。