ほうれい線を消して若さを得る【若返り戦法】

笑顔の女性

顔の深いシワを消す方法

鏡を見る女性

メイクによってカバーする

ほうれい線というのは鼻の両脇から唇の両端に向かって延びる深いシワのことです。年齢と共に目立ち始めるのですが、ほうれい線があると顔が老けて見えます。出来てしまったほうれい線は、メイクを工夫することによってある程度カバーすることができます。メイクで大切なのは厚塗りをしないように工夫することです。厚塗りをするとファンデーションがほうれい線の中に埋まって、かえって目立ってしまうのです。隠すためには硬いブラシにパウダーファンデーションをつけて、ほうれい線と毛穴に刺してクルクル丸くなぞると目立たなくなります。またハイライト効果によって目立たなくすることができます。例えば明るい色のコンシーラーやリキッドタイプのコンシーラーをほうれい線に対して垂直に5箇所ぐらいに分けて乗せていくと、目立たなくできます。メイクによるカバーは一時的なものですが、若い内から日常生活で予防の工夫をすれば、ほうれい線ができるのを遅らせたり、薄くしたりできます。一番の大敵は乾燥と紫外線です。外出する時には日焼け対策をして、保湿ケアを欠かさないことが大切です。また目の疲れも目元の筋肉が緊張させて強ばってしまうため、ほうれい線ができる原因になります。パソコンなどを使う人は定期的に目を休めることです。睡眠をよくとることも目の疲れには効果的ですが、寝る時は仰向けに寝る工夫をすると、ほうれい線を薄くする効果があります。日常生活の姿勢も大事で、常に顎を引いて姿勢を良くすることも予防になります。

ヒアルロン酸注射の即効性

できてしまったほうれい線を消すためには、美容整形で治療を受けるのが最も効果的です。美容整形のほうれい線治療で最も人気なのが、ヒアルロン酸注射です。ヒアルロン酸注射が人気なのは、手術とは違って簡単にできるからです。施術の方法は、ほうれい線の部分に直接ヒアルロン酸を注入して、皮膚を皮下から持ち上げることによってシワの溝をなくすのです。痲酔をしてから注射をするので痛みはなく、短時間で効果があります。即効性があるので、大事なパーティーやおでかけの前に施術することができます。その便利さも人気の理由です。治療時間は10分程度で、注射後にはダウンタイムがないので、すぐにメイクもできます。1回の注入で半年から8ヶ月は効果があります。そのため半年に1回のペースで注射を続けるとほうれい線を消すことができます。ヒアルロン酸を注入するメリットは、即効性があるということと体内にもともと存在する成分なのでアレルギーの副作用がないという点です。費用は数万円ぐらいかかりますが、半年に1回なので整形治療としては安い方です。整形治療に不安を持つ人もいますが、ヒアルロン酸が美容外科で使用されてから10年以上の歴史があり、実績もあります。体内に吸収されるので安心です。吸収されないヒアルロン酸もありますが、日本では使用が禁じられているので、その点も安心できます。その他の治療法としては高周波治療があります。レーザーに代わる治療法として注目されていますが、まだ新しい分野なので今後に期待がもてます。

若返ることはできる

顔に注射

ほうれい線を目立たなくする整形で手軽な方法は注射です。ただし、数か月も経つと効果がなくなるので繰り返し注射する必要があります。若く見られたい人が多く、治療が手軽になったこともあって、とても人気が出ています。

View Detail

たるみ肌を改善する

看護師

近年話題になっている最新の美容法に美容整形が挙げられます。最も最先端の若返り法として人気を呼んでいます。お肌のたるみやほうれい線を改善する美容整形は、スキンケア化粧品では得られない若返り効果が時短で得られます。

View Detail

老化対策の施術

医者の手

ほうれい線を改善する整形術には、幾つかの方法があります。ヒアルロン酸や特殊な機器を使用する方法などがその一例です。最近では糸を使用する方法もあり、評判を得ています。整形術を受ける際は、医師の技術や診療方針を確認しておくことが必要です。

View Detail